トップ > 足がむくむのはなぜ?むくみの原因(病気編) > 足のむくみと急性腎不全

足のむくみと急性腎不全

急性腎不全とは、急激な腎機能の低下の結果、体液の恒常性が維持できなくなった状態をいいます。

<症状>
・通常の1日の尿の量は1500ml程度ですが、急性腎不全の場合500mlほどに少なくなってしまいます。
・顔や手、足のむくみ
・嘔吐、精神障害を伴う場合もあり。

急性腎不全は、血液検査での検査でわかります。血液検査で血清クレアチニンという値でわかります。

治療は、原因となっている病気の状態を改善して腎機能を回復さすことが基本となります。主に、入院をして安静を守る必要があります。また、血液検査にて血清クレアチニンの上昇が著しく、高カジウム血症がある場合は血液透析が必要になります。

診断の時に必要なのは、今までにかかった病気や手術、今服用しているお薬や、健康食品や嗜好品(お酒は週にどれくらいか?タバコは何本吸うか?)など自分の病気の経歴などの詳細を医師に伝えられるようにしておきましょう。

前の記事 | 次の記事

足がむくむのはなぜ?むくみの原因(病気編)
Site-Info
RSS
更新履歴
足のむくみとネフローゼ症候群
2011年8月20日
足のむくみと急性腎不全
2011年8月20日
足のむくみと下肢静脈瘤
2011年8月20日
足のむくみとエコノミークラス症候群
2011年8月20日
口コミ!みんなが実践してる"少ない時間でのむくみ解消法"
2011年8月20日